毎週 大阪で定期的に開催される読書会です。本が好きな人大歓迎です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

No3.2018/6/8 女性30代

ぎりぎり見えるかみえないかのモドカシイチラリズム写真。

 

 

紹介にかなり力を入れて詳しく書いて頂いたので、そのまま引用する形にしたいと思います。
”少し前の本棚です。整理中に撮りました!”
まず整理中に本棚の写真を撮ることがあるということ。この企画云々ではなく本棚の写真を有しているというところがいいですね。
”実際はこれの倍の量があります、こちらは小説メインの本棚です。ありすぎて映しきれませんでした…。わりと馴染みやすい本棚じゃないでしょうか???向かって左端から日本の小説であいうえお順、さらに出版社順です。”
確かにこちらの本棚の小説はほとんど文庫なので収まりや見栄えが良いです。前者もそうでしたが私には本と本棚の間に本を挟むという概念がないのですが、あるあるなのでしょうか?
”お気に入りは右の本棚の下二つの早川書房あたりです。本棚の上に積んであるのは料理、数学、医療です。
岩波文庫もっとあるのですが、それはまた別の部屋にまとめて置いてあります。ケースに入れて床置きも山ほど…。”
本棚のポジションはどうでしょうか?隣にラックなり棚なりを並べるわけでもなく、角にぴったりくっつけるわけでもなく、少し違和感を感じます。引っ越したばかで家具や生活用品はダンボールのなかだが本棚をまず仕上げてしまったかのような、生活感のなさでしょうか。なにもない部屋のなか本棚だけが仕上がっているシュール。あくまで想像ですがそんな違和感を感じます。

 

”別の本棚は新書、写真集、マンガ、見せられない自己啓発本、などです。”
写真集って何?といったところです。景色?芸術?羽生?アイドル?
いいですねぇ見せられない自己啓発本。女性の場合、掃除 断捨離系、幸せになる系、フランス人系でしょうか、やはり見せられない本っていいですよね。

 

”書いてて楽しいですこれ!また投稿します。”
分割しても楽しんで頂けるという三人目にして斬新な楽しみかたを見出して頂きました。こちらも投稿感謝しています。

 

”名前◯◯”
名乗られましたねなかなか好戦的です 笑 一応誰かわからないところにも奥ゆかしさがあるのですが。。。

 

 

”2枚目は別の本棚の気に入っている部分です。”
”洋書とブックカバー、愛用の辞書と好きなCDです。ここだけはオシャレに頑張ってます 笑
面白いな〜って思って貰えたら嬉しいです。”
試されているのか、物議を醸す写真を送って頂きました。すごく丁寧に送って頂いているのに辛辣にはしたくない。しかしでそう。
まずおしゃれカプチーノと同じ匂いがするインスタの見本みたいな写真に感じます。せっかく洋書等読まれているのに哀愁カラーにすることによってインテリアにしかみえなくなってしまうのも不思議なところです。
”ここだけはオシャレに頑張ってます 笑 面白いな〜って思って貰えたら嬉しいです。”
この文章があるので今ひとつ切り込めないですが
わたしの家は毎日がこんな感じです。ときて頂いた方が容赦なく放てたかもしれません。
眩しすぎて気がつきませんでしたが、LOVE多すぎないでしょうか?
このペーパーバックのPS.I LOVE YOUは購入しづらいですね。
あっそれプレゼント用なので別でお願いします。くらいが必要となってきます。
購入しづらい本読書会も面白そうです。年齢や性別、職業等や達観具合により恥じらう本のジャンルが変わってきそうです。
2枚目に関しては海原ともこと新明解をみることで親近感のでる写真でした。
以上です。ご協力ありがとうございました。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 「simple」読書会 大阪 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.