毎週 大阪で定期的に開催される読書会です。本が好きな人、読書にはまっている人大歓迎です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2018年下半期 テーマ別読書会

  • HOME »
  • »
  • 2018年下半期 テーマ別読書会

■83 [2018/9/15  ノンフィクション 10名] 同じノンフィクションでも前回とは雰囲気がまるで違う会でした。全体的に熱のはいった紹介が多かったのではないでしょうか。毎回違う雰囲気というのは意識しています。やはりテーマ別でも初参加の方や普段参加しないテーマに来ていただけると新鮮で良いものになります。マンネリを避ける為にもテーマ別では毎回同じメンバーにならないような工夫は随時していかねばなりません。

 

■82 [2018/9/8 海外小説 7名] ドストエフスキー等有名な本を出して共感や捉え方の違いを問うのか。世間的にはマイナーであるかもしれないが、海外小説が好きな方が集まるのなら知ってる人もいるのではないかと密かに期待しながら紹介してみるのかとテーマ毎の読書会ではこのような楽しみ方があるのではないでしょうか。テーマ毎の会でも随時初参加の方を募集しています。simpleとはまた違った面白さがあると思っています。

■81 [2018/8/25 好きな作家・著者 6名] 好きな作家・著者のテーマですが話しやすいコンテンツだったのではないでしょうか。このテーマの特色は「有名な作家を出して共感を得る」か「あまり知られていないけど薦めたい」のどちらかにあると思いますが。どちらにせよ皆さん好きな作家・著者を紹介しているだけに熱のこもった聞くに心地よい素晴らしい紹介でした。

 

■80 [2018/8/19 ノンフィクション 10名] 私は本のテーマとしてはノンフィクションが好きで読書会開催当初からノンフィクションの会に力を入れたいなと考えていました。いきなりノンフィクション読書会を開いても人が集まらないと思い、フリージャンルを小説を古典をと徐々に開催していきましたが、実りましたねノンフィクション。素晴らしい会でした。啓発本を除いてからのノンフィクションはほんと面白い。ただ一つあるとしたらこれだけ話せる方々に集まって頂き、おそらく事前の発表準備もしっかりして頂いたと思われるにもかかわず。一人当たりの持ち時間が少なくなってしまったことで時間と人数はしっかり調整しなければならない。

 

■79 [2018/8/5 classic 7名] classicの会は全体でみると同じような系統の本が多い気がしますが、今回はclassicの中でも種類がバラけたのではないでしょうか。非常に面白い会でした。読書会では本の分野で何か強いジャンルを持っていると重宝されます。その人が普通と思っていたことや当たり前と思っていることが面白かったりしますし貴重な情報となります。

 

■78 [2018/7/28 classical200 5名] 200年以前くらいになってくると参加者の持参する本に関連や共通性が生まれます。同じような読書歴や感性の人がくるだけかもしれませんが面白い会でした。少しでもテーマにルールを設けると会が新鮮になりますので、他テーマも変化を加えていきたいと思います。

 

■77 [2018/7/21 ノンフィクション 6名] 直前キャンセル多かったですね、満席時でも参加したいと言ってくださる方を数名お断りしている分示しがついていないのが申し訳ないですが、奇しくも会的にはベストな人数です。テーマ別の会は何度も足を運んでくださる方が多いため、20分も話せるか不安で。。。とかいいながらほんとよく喋る。会を盛り上げて頂き非常にありがたいことなのですが一つあるとすれば、10分を超えて話すときは質問を受ける間、ブレイクみたいなのを作って頂いたらより周りも興味を示すのではないかなと思います。

 

■76 [2018/7/14 児童文学・絵本 8名] 異彩を放っているというか、一番異色な会ではないでしょうか。他のテーマにないものを感じます。このテーマを作った時に絵本とYAで別れることで参加者同士の求めるものの不一致を懸念し、一緒くたにしてほしくない違いの強調を期待していたのですが、その隔たりはよく分からない会でした。絵本ボランティアの活動なるものを知れたのは良かったです。やろうかな。

 

■75 [2018/6/30 抽象シリーズ[芸術] 8名] 芸術と言えど幅広く様々な角度の芸術をみせて頂きました。読書会に参加する時の考え方が複数あることを聞きこちらも面白いので書いておきます。紹介本に合わせて参加するテーマを決める人とテーマを先に予約してそれを期限に紹介本を探し読む人とタイプがいることが分かりました。ちょっとした情報でも非常に面白く感じます。因みに私自身は毎月のテーマを決める時にこの本を持っていきたいからや、このジャンルを読んでみたいからとではテーマを決めていません。何で決めているのでしょうか。

 

 

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 「simple」読書会 大阪 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.